予防歯科

DISEASE PREVENTION

予防歯科ってなに?

予防歯科とは、お口のトラブルを防ぐ活動のことです。虫歯や歯周病になってから治すのではなく、ならないように日頃から検査・治療・ケアを行うことを指します。ソアビル歯科医院は、予防歯科にとても力を入れています。正しい知識を身に付け、歯のトラブルを防ぎ、いつまでも健康な歯を守っていきましょう。

予防歯科の
3つのメリット

予防歯科には次のようなメリットがあります。

  • 1痛い思いをしなくて済む

    症状が出る前に虫歯や歯周病を発見し治療するので、痛い思いをしなくて良くなります。

  • 2自分自身の歯を守れる

    歯を削ったり差し替えたりすることがなくなり、永く健康な状態を保つことが出来ます。

  • 3費用と治療期間を抑えられる

    大きな治療をする必要がなくなるので、長い目で見ると費用が安く治療の期間も短く済みます。

どうやって虫歯や歯周病を
予防するの?

虫歯や歯周病などのお口のトラブルを予防するためには、
歯科医院での「プロのケア」と患者さん自身による「セルフケア」が必要です。
プロのケアとセルフケアは、内容も役割も異なります。予防歯科は、
歯科院医院と患者さんが協力して続けて行くことがとても大切なのです。

予防歯科の流れと、
歯科医院と患者さんの役割

歯科医院

検査 修復

維持

患者さん

歯科医院がすること

  • お口の状態を調べる(検査)

    歯ぐき・唾液・レントゲンといった検査を行います。
    検査をすることで、歯周病の程度・虫歯のなりやすさ・噛み癖・汚れや磨き残しの多い箇所などがわかり、あなたに合ったケアの方法をお伝え出来るようになります。

  • 良い状態に戻す(修復)

    通常の歯磨きでは取れない歯石などを取り除いたり、歯の表面を整えたり、フッ素を塗布し虫歯の進行を防いだりします。場合によっては、歯磨きがしやすくなるよう歯列矯正をおススメする場合もあります。

このように、定期的にお口の状態をチェックし、
症状が出る前に良い状態に戻すことが、歯科医院の役割です。

患者さんがすること

歯科医院で適切な処置を行ったとしても、虫歯や歯周病を防ぐことは出来ません。予防歯科の成否は、歯磨きやフロス掛けといった患者さんの日頃のケアに掛かっています。

でも、効果的なケアの方法はひとりひとり異なります。歯並びやお口の中の環境は人それぞれで、歯磨きの癖や生活習慣によってもお口の状態は変わるからです。

大事なのは、患者さん自身が自分の歯を守るという意識を持ち、その方法を学び、実行すること。私たちは、そのために出来る限りのサポートを行います。

セルフケアを続けるコツ

  • 1あなたに合ったケア商品を見つけましょう

    お口の状態や生活環境によって、適切なケアの方法は変わります。あなたに合ったケア用品を一緒に見つけましょう。

  • 2正しいケアの仕方を学びましょう

    正しいうがいの仕方やフロスの使い方をご存知の方は多くありません。歯磨きのポイントもひとりひとり異なります。プロの指導の下、正しいケアの仕方を学びましょう。

  • 3結果を数字で把握しましょう

    適切なケアを行った結果、お口の状態は良くなったのか? ご自身では中々分かりにくいものです。定期的に歯ぐきや唾液などの検査を行い、お口の状態を数字で把握しましょう。成果が実感できれば、ケアを続けるモチベーションにも繋がるはずです。

予防歯科は、
歯科医院の技術や努力だけでも、
患者さんひとりの力だけでも
実現しません。
一緒に健康な歯を
守っていきましょう。

予防歯科
に関するおススメ記事

一覧へ
  • 記事がありません。